スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレ我慢?日本戦ハーフタイムに配水量急増(読売新聞)

 日本―カメルーンが行われた14日深夜~15日未明にかけ、試合のハーフタイム中と試合終了後、富山市内の水道の配水量が大幅に増えていたことがわかった。

 市上下水道局は「観戦中にトイレや風呂を控える市民が多かったのでは」とみている。

 2005年に新市が誕生する前の旧富山市内95%を管轄する流杉浄水場(富山市流杉)によると、同浄水場の配水量は、日本が先制点を奪った14日午後11時40分頃には約1250立方メートルまで減少したが、ハーフタイムに入った午後11時50分頃には約1500立方メートルと2割急増。その後は時間の経過と共に排水量が徐々に下がったが、1点リードの日本がカメルーンの猛攻を耐え抜いて勝利を飾った15日午前0時55分頃にも、配水量が約700立方メートルから約900立方メートルに増加した。

 同じ現象は、過去のW杯や紅白歌合戦のときにもみられたという。19日のオランダ戦は、日本が初戦に勝利したのに加え、土曜日の午後8時半に試合が始まることから、更に配水量が増えることが予想される。

 本郷康之・場長は「浄水場設備は、日本代表の守備のように丈夫なので問題はない。試合中は思う存分、応援してほしい」としている。

岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
<人事>上毛新聞社(毎日新聞)
<わいせつ行為>モデル志願女子高生に 容疑の教諭逮捕(毎日新聞)
「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」(産経新聞)
皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)
スポンサーサイト

イラ菅首相は「頭が切れすぎ」=鳩山氏(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午後、都内の東京工業大学で理工系の大学院生らを相手に講演した。同大学は、菅直人新首相の母校。鳩山氏は「私よりも10倍も1000倍も頭の切れる方」と菅氏をまずは絶賛。続けて、「イラ菅」と呼ばれる「切れやすい」性格にひっかけて、「頭が切れすぎる」と指摘し、「次の首相に向かって何を言ってるんでしょうか」と述べると、会場からどっと笑いが起きた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
新首相でも普天間解決困難=谷垣氏
菅氏になりすましツイッター=民主が注意喚起の文書

<アレルギー>抑制分子を発見 筑波大教授ら(毎日新聞)
<パンダ>借受期限を5年間延長 神戸市立王子動物園(毎日新聞)
広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
芦屋の主婦、バイオリン練習中の9歳娘を暴行(読売新聞)

警視庁、元朝青龍を聴取…「手あたったかも」(読売新聞)

 大相撲の元横綱・朝青龍(29)が今年1月、酒に酔って知人男性に暴行したとされる問題で、元横綱が日本に立ち寄った今月中旬、警視庁が任意で事情聴取していたことがわかった。

 同庁幹部によると、元横綱は「車の中で、男性に手があたったかも知れない」と話したという。男性は鼻の骨を折る重傷を負ったが、2人の間で示談が成立しており、同庁は立件の可否を慎重に判断する方針。

 同庁幹部によると、知人男性は1月16日に元横綱と酒を飲んだ後、「車内で殴られた」と同庁麻布署に相談していた。

放送法修正案 与党、衆院委で採決強行し可決(毎日新聞)
裁判員制度 裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)
<外交文書>作成後30年「原則自動公開」 外務省が新規則(毎日新聞)
<飲酒>中学校教師が生徒にも 口裏合わせ指示 停職1年の懲戒処分(毎日新聞)
三味線など150点灰に…芸妓組合事務所が全焼(読売新聞)

<巨大ジオラマ>昭和30年代の高山を再現 田上さん宅「匠の館」で一般公開(毎日新聞)

 岐阜県高山市丹生川町根方の田上太さん(37)が昭和30年代のJR高山駅を中心に、飛騨高山を150分の1の大きさで再現した巨大なジオラマを農家の自宅に完成させた。「民芸ミュージアム匠の館」と名付けて一般に公開しており、レトロな雰囲気が訪れた来館者を楽しませている。

【高山の話題】乗鞍スカイライン:除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山

 田上さんは08年2月に日曜大工で指を負傷し、約10日間入院。入院中にテレビでジオラマを紹介する番組を見て、指のリハビリのためにジオラマづくりを始め、その魅力にのめり込んだ。地元の人も楽しめるジオラマをつくろうと08年4月から制作を始め、1000点以上の建物や人などを配置。広さ約6平方メートルのジオラマが4月末に完成した。

 中心の高山駅は当時の写真を参考にし、駅西側の機関区には蒸気機関車の転車台や石炭庫。駅前広場には「乗鞍登山口」の看板や盆踊りを楽しむ人の姿。周囲の山々や神岡鉄道の漆山鉄橋、ボンネットバスも配置され、当時の様子をリアルに再現している。朝、昼、晩と照明が変わり、夜は家々の明かりがともり、打ち上げ花火や星空も投影されて幻想的な夜景となる。

 駅西側の「ポッポ公園」は、現在の子どもたちが分かるように、最近の風景を取り入れ、特急電車ワイドビューを走らせた。田上さんは「子どもと、昔を懐かしむお年寄りが一緒に楽しめるように作った」と話している。入場料は大人500円。問い合わせは、同館(0577・79・2505)。【宮田正和】

【関連ニュース】
【高山の話題】満開になった臥龍桜(4月22日)
【高山の話題】春の高山祭 17万3000人が見物
【ジオラマのような風景も】2009年 空から見たニッポン
【ジオラマのような風景も】2008年 空から見たニッポンの風景

19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)
小4女児、プールでおぼれ重体=遠足で訪れ―宮崎(時事通信)
<旧相馬邸>函館最古の住宅…取り壊し回避、観光スポットに(毎日新聞)
イオン 中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定>「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)

<新党改革代表>「舛添政治カレッジ」に16人参加(毎日新聞)

 新党改革の舛添要一代表は11日、昨年の衆院選で落選した自民党前議員を対象にした「舛添政治カレッジ」を国会内で開いた。舛添氏が自民党離党後、初めてとなった会合には16人が参加。中山泰秀元外務政務官は「政界再編は起こらざるを得ない。(舛添氏を)支持している」と記者団に語った。新党改革は今夏の参院選の候補者選考を急いでいるが、舛添氏が出席者に同党からの立候補を要請する場面はなかった。

【関連ニュース】
水野前衆院議員:自民を離党 みんなの党から出馬へ
新党改革:6人で旗揚げ 発車先行 理念後回し
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
新党:参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成
ファイル:内政・外交・安保 水野・前衆院議員、自民離党 みんなの党から出馬へ

ひこにゃん 商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
<普天間移設>首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か-京都府警(時事通信)
舘ひろしさん、神奈川県の「卒煙塾」塾長に就任(産経新聞)
<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターまさじいりえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。